歩行が困難なお客さま

お客さまの車椅子あるいは個人的な移動補助器具

fauteuil roulant aéroport
エールフランス航空は2台の車椅子または個人的な手動・電動の移動補助器具を無料で運搬いたします。サイズあるいは重量の制限はございません。しかしながら、空港によっては搭乗や降機の際に必要な設備が整っていない可能性がございます。

また、エールフランス航空のパートナー航空会社が使用する機体の規模によっては、重さや体積の大きい器具の積載ができない場合がございます。お客さまの車椅子や移動補助器具をできる限りスムースに輸送させていただくために、少なくともご出発の48時間前にはご予約をなさるようお願いいたします。

また、お客さまの車椅子を最適な条件で扱わせていただくため、少なくともご出発の2時間前にはチェックインをされるようお願いいたします。

損害を予防するために十分注意を払いますが、万が一の場合に備えて、褥瘡防止シートクッションや取り外し可能な足のせ等紛失しやすいアイテムは、機内持ち込みお手荷物としてお持ちいただくようお願いいたします。

お客さまの車椅子の輸送条件

お客さまの車椅子の輸送条件をご覧になるには、以下からお客さまの車椅子の種類をお選びください。

バッテリーに関する安全規定

バッテリーは以下の2種類があります。
  • 「防漏型」バッテリー(ドライ・バッテリー)。リチウム式のバッテリーもこのなかに含まれます
  • 「非防漏型」バッテリー(ウェット・バッテリー)

バッテリーの輸送条件の詳細は以下のリストをご覧ください。
重要
少なくともご出発の48時間前までにご運搬を希望される車椅子の種類についてお知らせくださるようお願いいたします。

移動用車椅子

この車椅子はお客さまが空港内の指定場所から飛行機まで、次に飛行機から空港を出られるまで移動するのを職員がお手伝いさせていただく時に使用されます。お乗り継ぎの際にお客さまがご自分の車椅子を受け取ることができない場合にも使用されます。
また、場合によっては航空機の入り口からお座席まで、あるいはお座席から入口まで、お客さまの機内でのご移動の際にこのタイプの車椅子をご使用していただく必要があります。

機内移動用車椅子

エールフランス航空が使用する全航空機材(エアバスA318、A319、A320、 A321、A330、 A340、A380、 ボーイングB 777 、 B747)は、フライト中の機内通路の行き来やお手洗いへのアクセスに特別に対応した「機内移動用車椅子」と呼ばれる車椅子を搭載しています。

お客さまがお一人で対応できない場合は、職員がお座席からこの車椅子まで(また、反対に車椅子からお座席まで)のお客さまの移動をお手伝いして、お手洗いまでご案内あるいはお連れいたします。ただし、お手洗いのなかでのお手伝いはサービスに含まれておりません。

ご注意:機内移動用車椅子の最大許容重量は100kgでひじ掛けとひじ掛けの間は35cmとなっております。お客さまのお体の大きさや障害のご状態により、この車椅子のご使用が難しい場合、または不可能な場合は、ご予約の際にお知らせくださるようお願い申し上げます。

トップに戻る