医療診断書

エールフランス航空でのほとんどのケースで、旅行のために医療診断書は必要ありません。
医療診断書書は常に必要ではありませんが、弊社は以下に該当されるお客様には空の旅に体調が十分かどうかを事前にかかりつけの医師にご相談されることをお勧めします。
  • 妊娠中のお客様
  • 最近手術を受けられたお客様
  • ギブスが必要なお客様

以下の場合に限り、エールフランス航空の医療サービスによる許可が義務付けられています。
  • 担架や保育器での移動
  • 1分間に2リットル以上の酸素吸入を必要とする場合
  • ご健康状態のためにフライト中に非常の医療支援が必要と考えられる場合*
  • 伝染病をお持ちの場合*

* これらの場合、お客様の医師による最近の診断書、または空港の医師からの診断書が必要です。

これらのいずれかに該当される場合、ご旅行の前にお客様の医師にご相談ください。 エールフランス航空医療サービスの許可を得るには、手続きフォームAとBを以下のリンクよりダウンロードしてください。

- フォームA 「特別なサポートの必要なお客様Passengers requiring special assistance」 。弊社サービス「SAPHIR」または予約課において、あるいは旅行代理店がフォームご記入の際にお手伝いさせていただきます。
- フォーム B 「医師の診断書の必要なお客様Passengers requiring medical clearance」 。このフォームはお客様のかかりつけの医師により記入していただく必要があります。
上記2点のフォームはご記入の上、ご出発の48時間前までに弊社にお届けになる必要があります。

弊社サービス「SAPHIR」または予約課、もしくは旅行代理店がご案内するエールフランス航空の医師に、これらのフォームをご送付のほどお願いいたします。

これに基づいてエールフランスの医療サービスが、お客様がご旅行できるかどうかの判断をいたします。

トップに戻る