二大陸の合流点トルコ

アジアとヨーロッパが合流する国トルコでは、様々な文明が集結されており、他に例をみないほど、その影響が歴史遺産や文化遺産に色濃く反映されています。イスタンブールの町には、宮殿やモスクなど、オスマン帝国時代や東ローマ帝国時代の痕跡が遺されています。トルコの近代化優先政策の元でも、これら文化や宗教の顕著な痕跡が消し去られることはありませんでした。首都アンカラは、伝統と進化の調和が象徴的な都市です。地中海、黒海、エーゲ海と、小さな内海マルマラ海に囲まれ、美しい砂浜や澄んだ海には、是非訪れてみる価値があります。

ボスポラス海峡の宝石箱イスタンブール

ボスポラス海峡にまたがるイスタンブールは、トルコの宝石箱です。多くの文化的アイデンティティーを持つこの都市は、ダイナミックで活気に溢れ、荘厳なモニュメントを擁しています。アヤソフィアトプカピ宮殿スルタンアフメット・モスク(ブルーモスク)は、何世紀にも渡って歴史の光彩を放つシンボルとなっています。目覚ましい経済発展の動力源となっている戦略的なスタンスによって、旧コンスタンティノープルには、極めて近代的で国際色豊かな、新しい息吹が吹き込まれています。グランド・バザールエジブシャン・パザールでは、是非足を止めてみましょう。 エールフランス航空のイスタンブール行フライト で、是非宝物を発見しに行きましょう。

他に類を見ない観光スポット満載の国トルコ

ここ何世紀にも渡って、様々な民族に支配されてきたトルコには、これらの時代の遺跡が数多く遺されています。
地中海とエーゲ海沿岸には、ペルガマエフェス(エフェソス)テルメッソスなど、古代都市の遺跡が数多く点在しています。

トルコはまた、独特の自然の景観でも知られています。カッパドキアでは、長い年月をかけて、溶岩に覆われた大地が自然の浸食によって形づくられた奇岩の数々が見られ、毎年多くの観光客を魅了しています。カッパドキアの谷合では、教会や地下都市など、先史時代の遺跡やビザンチン芸術が、その尊容を見せています。ハイキングには理想的な地域です。また、「綿の城」を意味するパムッカレは、トルコ旅行の必須アイテムです。古代都市ヒエラポリスの古代温泉保養地パムッカレの歴史は、ローマ帝国時代・東ローマ帝国時代に遡ります。 エールフランス航空のフライト で、見どころ満載のトルコ探訪の旅へ。

トルコ旅行の準備