ダイナミックな国イスラエルとテルアビブ

夜眠らない街と呼ばれるテルアビブには、イスラエルという国が持つエネルギーが表れています。地中海沿岸の金融経済クラスターである テルアビブには、楽しみを求めて出かけるのが好きな若い世代が集まっています。イスラエルの首都エルサレムの近くにあるテルアビブは特に大使館が集まっていることで、外交上の首都の役割を果たしています。地理的な距離は短くても、テルアビブとエルサレムは全く異なる顔を持つ二つの都市です。エルサレムは千年の歴史を持つ宗教的な街ですが、テルアビブは、街ができて100年程度しか経っておらず近代的で国際的。イスラエルの文化事情が生み出した街と言えます。
テルアビブはヤッファに隣接していますが、ヤッファとテルアビブは1950年に合併されました。市内人口40万人以上の経済都市テルアビブは、エルサレムに次ぐイスラエル第2の都市となっています。エールフランスでは、パリやフランスの地方都市からテルアビブ行きの便を運航しています。

白い都市ヤッファ

テルアビブは1909年、ヤッファの市外区に建設されました。実際、古い街並みのほとんどがヤッファにあります。ヤッファの古い地区を訪れることで、この町の千年の歴史を見ることができます。

最古の建物の中で、現在も見られるものとしては、次のようなものがあります。
  • ヤッファの旧港、世界最古の港のひとつで、古代と中世を通し、ヨーロッパと中東の通商の重要な中継地点でした。現在もなお美しいモザイクが残っています。
  • ヤッファのシンボルの時計塔も、観光客に人気があります。
  • ヤッファの旧市街(ヤッフォ)では、ショッピングをどうぞ。ヤッファのノミの市に勝るものはありません。
  • テルアビブでの歴史以外のアトラクションとして、現代のショーが楽しめます。
  • カルメル市場では、この地方の物産がたくさん売られています。テルアビブ最大の市場で、気さくな雰囲気を楽しみながら買い物ができます。
  • テルアビブの新しい美術館は建物も美しく、通年展示されているイスラエルの芸術家の作品を見に、立ち寄る価値のあるスポットです。
  • テルアビブにはビーチがいくつかありますが、中でもタイェレットは全長14kmのビーチで、テルアビブ市民の憩いの場となっています。

テルアビブでのレジャー

若い人が多くて活気があるテルアビブは、夜遊びの天国。さまざまなイベントが楽しめ、ビーチでもパーティーが行われます。ヤッファ方面の南側の地区は、トレンディーで夜も昼もにぎわっています。

散策やショッピングで一日を過ごした後、寛ぎながら何か飲んだり音楽を聞いたりできるところはたくさんあり、すぐ見つかります。腕利きのDJが盛り上げるクラブやバーが数多くあります。

文化の地イスラエル

テルアビブ滞在中に、首都エルサレムにも行ってみましょう。。千年の歴史を持つ宗教的な街エルサレムは、白い都市ヤッファから60キロ程度しか離れていません。
他の見どころ:テルアビブの北にある文化の中心地ハイファ。

3ヶ月以内の 観光滞在 の場合、日本国籍をお持ちの方は、事前に査証を取得する必要はありません。

テルアビブ詳細情報