イタリアの首都ローマ

エールフランスでは、日本からパリ経由のローマ行きお得な航空券をご用意しています。ローマはイタリア統一により1871年にイタリアの首都となった街で、人口は260万人、郊外も入れると410万人になり、イタリア最大の都市です。ラツィオ州にあり、テヴェレ川に面したティレニア海からもさほど遠くないところに位置するローマは、冬に暖かく、夏は乾燥して気温が上がる地中海気候です。したがってローマ旅行に一番良い時期は、夏ほど暑くなく観光客が比較的少ない春です。

伝説によるとローマは、双子の兄弟レムスを殺したことで知られるロムルスによって紀元前753年に建設されました。考古学調査では、紀元前8世紀からパラティーノの丘に羊飼いたちが住んでいたことが分かっています。

パラティーノの丘は、ローマの旧市街を見下ろす7つの丘の一つで、他の6つの丘はアヴェンティーノ、チェーリオ、カンピドリオ、エスクイリーノ、クイリナーレ、ヴィミナーレです。ローマ帝国の首都がトルコのコンスタンチノープルに移るまでの数世紀の間、ローマは帝国の首都として栄え、現在も、この栄光に満ちた時期の名残を数多く目にすることができます。

ローマ:文化遺産とグルメ

ローマ旅行 にお出かけになる理由はたくさんあります。ローマは「野外博物館」と呼ばれていますが、400以上の教会と300以上の噴水が市内のあちこちにあり、他にも古代以来のいろいろな歴史遺産が多く、まるで博物館のようです。
ローマの遺産は、この街の長く豊かな歴史によって培われたものです。まずトラヤヌス帝のフォーラムから帝政ローマのフォーラムなど、古代ローマ時代の建物が挙げられますが、ローマの最も美しいシンボルは、街の中心に堂々とそびえるコロセウムでしょう。ローマ時代には8万人の観客を前に、ここで剣闘士による戦いが繰り広げられました。8万人はパリのサッカースタジアム、スタッド・ド・フランスに匹敵する収容人数です。パンテオン、カピトリウム、カラカラ浴場、さらにマルケルス劇場もこの時期の建物です。
ローマには、ナヴォーナ広場、スペイン広場、カンピドリオ広場などのバロック様式の広場や建物もあります。

ローマに行かれるなら、ぜひバチカン市国にもお立ち寄りください。サン・ピエトロ大聖堂をはじめ、ルネッサンス時代に遡る宗教的な場所がたくさんあります。サンピエトロ大聖堂は同名の広場にあり、ローマ法王がよくミサをあげるところです。ミケランジェロが装飾を担当したシスティーナ礼拝堂では、現在もローマ法王の選挙が行われます。
ローマは豊富な歴史遺産で知られていますが、グルメ旅行も楽しむことができます。

ローマ旅行のためのアドバイス

パリからローマまで は一日数便エールフランスが運航しています。
パリからローマまでは直行便で約2時間です。パリ・シャルル・ド・ゴール空港を出発し、ローマ中心街から32kmのローマ・フィウミニーノ空港に到着します。
空港ご到着後ローマ市内までは、バスか列車レオナルド・エクスプレスをご利用ください。バスは1時間弱かかり6ユーロ、列車はローマのテルミニ駅まで30分ほどで14ユーロです。またはタクシーをご利用ください。
パリ以外にも、リヨンとマルセイユからの便があり、直行便もございます。

日本国籍をお持ちの方は、イタリアへの入国は90日以内の滞在の場合、通常査証は不要です。この90日という期間はシェンゲン圏に入ったときから計算します。また、シェンゲン圏内の他の国から入国する場合、 入国検査 はありません。
イタリアの通貨はユーロです。