オランダ探訪

オランダ(正式名称ネーデルランド)とホラント(Holland)はしばしば混同されがちですが、ホラントはオランダ西部の州名です。オランダは12の州からなり、伝統的には、チーズとビール、サイクリング、チューリップで知られています。
アムステルダムはオランダの首都ですが、他にも、ヨーロッパ随一で世界第4位の港を擁するロッテルダム、国際司法裁判所や国際刑事裁判所があるデン・ハーグなどの主要都市があります。
気候は穏やかな海洋性気候に属し、冬場の寒さは厳しいものの、夏場は過ごしやすいところです。エールフランス航空は、春、3月から5月にかけてのシーズンに、フライト予約をお勧めします。この時期、オランダの田園地帯は、鮮やかな色とりどりの花で覆われます。とはいえ、秋や冬には観光客もまばらで、雪景色のオランダも魅力的です。
多くのオランダ人は英語を話し、ドイツ語もそれほど問題ありません。中にはフランス語を理解できる人もいます。オランダ社会は、広い理解力と寛容で知られており、オランダ人は礼儀正しく観光客を迎えてくれます。

オランダのロマンチックな首都アムステルダム

エールフランス航空では、パリ発アムステルダム行定期便を運航しています。アムステルダムは、狭い路地やレンガ造りのファサードの家々、迷路のように廻らされた運河、多くの緑地など、魅力的な町です。
晴天には多くの人達が自転車を利用するアムステルダムっ子にならって、自転車で周ることをお勧めします。
旧市街では、14世紀のファサードや、かつては船乗り達の信仰の場だった旧教会(Oude Kerk:赤線地区にある)に見惚れることでしょう。船の彫刻で飾られた旧教会は、現在ではイベント会場として使われています。
オランダは、レンブラントやルーベンス、ゴッホ、フェルメールの出身地です。首都には多くの美術館があります(60館以上という数は世界でも最大密度!)。アンヌ・フランクの家も、心を打たれるスポットですので、お忘れなく。

オランダの沿岸地帯と小さな町

アムステルダムは観光都市として非常に人気がありますが、観光客の少ないアムステルダム以外の地域もまた、足を延ばす価値があります。
春には、花の町リッセが、チューリップやヒヤシンス、水仙、黄水仙でおおいいつくされます。フラワーガーデン、キューケンホフ公園は、3月から5月まで開園しており、絢爛たる色とりどりの花壇が、訪れる人々を和ませています。
オランダの沿岸地帯には、小島や干拓地、堤防、漁村などがあり、ここも訪れたいところです。沿岸からさほど遠くないところには、風車と伝統的な木造家屋で有名なキンデルダイクの村があります。

オランダへの旅の準備と詳細情報