エールフランスで行くモンペリエ

パリからモンペリエまでは飛行機か列車で

エールフランスでは、パリ、リヨン、ナント、レンヌ、バスチア、アジャクシオからモンペリエまでの格安航空券をご用意。また、 飛行機と鉄道を組み合わせた航空券 も提供しています。

フランスでは日本国籍者の場合、6ヶ月間で90日以下の観光については査証は不要です。旅券残存有効期間としてフランス出国時3ヶ月以上と、旅券の査証欄の余白が見開き2ページ以上必要です。飛行機でのご旅行についてのアドバイスは 旅行アドバイスのページ をご覧ください。

パリ-モンペリエ間は1日12便、飛行時間は1時間15分です。TGVをご利用になる場合は、パリのリヨン駅から3時間半、パリ・シャルル・ド・ゴール空港からの直通TGVもございます。

イタリアとスペインの間に位置するモンペリエは、中世から経済的、文化的な発展を見せ、その面影が今も残っています。人口54万人(2009年)の中都市で、南仏らしい明るさを持つ親しみやすい街です。

モンペリエの主な見どころ

  • サン・ピエール大聖堂 La cathédrale Saint-Pierre
    1364年に建てられたこの大聖堂は重厚な感じの中世ゴシック様式。モンペリエの街の歴史の古さを象徴するかのように中心街にそびえています。入り口のアーチ型の天蓋が特徴的です。中のステンドグラスもご覧ください。

  • ファーブル美術館 Musée Fabre
    モンペリエ出身の画家フランソワ=グザビエ・ファーブル(1766-1837)が個人的なコレクションを寄贈してできた美術館。16世紀から18世紀の作品を中心に近代美術まで展示されています。

  • 植物園 Le jardin des plantes
    なんと1593年設立のヨーロッパ最古の植物園。19世紀に2度の拡張を行い、その後も整備を重ねて現在の規模に。18世紀末に植えられたイチョウの木など、歴史的価値のあるものも含め2000種の植物が植えられ、まさに都市のオアシスです。

  • マール・ノストラム水族館 L'Aquarium Mare Nostrum
    世界中から集めた400種の生き物が見られる水族館。2007年のオープンで、比較的新しいアトラクションとして人気を集めています。マール・ノストラムとはラテン語で「私たちの海」を意味し、地中海を指しています。この水族館は、地中海から大西洋に出て行き世界の海を回るように構成されています。


モンペリエでの宿泊には、エールフランスの ホテル予約サービス も合わせてご利用ください。

リンク