イギリスの地理

イギリスは、イングランド、スコットランド、ウェールズ(これら三国でグレートブリテンを構成)及び北アイルランドの4つの地域(カントリー)から成っています。公用語も、英語、ゲール語、ウェールズ語、アイルランド語の4か国語です。イギリスの首都は勿論ロンドン。面積は約24万km²。国土は、起伏は激しくないものの、コントラストに富んだ景観をなしています。多数の島で構成されており、大半の島はスコットランドに属しています。UKは、国土全体に豊かな文化遺産が点在していることでも知られています。また、豊かな国際文化を擁する国際都市としても有名です。
エールフランス航空の定期便で、ユニークな文化「ブリティッシュ魂」を発見しに行きましょう。

イギリスでのアクティビティ

イングランドといえば、ロンドン
当然避けては通れません。地方なら、風光明媚な北東部沿岸や、コッツウォルズの丘陵地帯へ。また、ストーンヘンジロンドン塔カンタベリー大聖堂などの、ユネスコの世界遺産も訪れてみましょう。

コントラストに富んだ格別のカントリー、スコットランドは、伝統と近代の狭間で揺れ動いています。エディンバラのエディンバラ城オークニー諸島の「新石器時代遺跡中心地」、或は必見のネス湖を訪れてみましょう。ウィスキー蒸留所を見学したり、最高級のウールのスーツを買うこともできます。

ウェールズは、「お城の国」としても知られており、600近い城塞が歴史遺産に登録されています。伝説の地、アーサー王と魔法使いメーリンの足跡を辿ってみるのも楽しいでしょう。カーディフの城塞、伝説によると聖杯グラールが遺されているとされるダイナス・ブラン城オグモ城ケルナーフォン城(カナボーン城)等々、他にいくつもあります。自然志向派には、絶景を臨める国立公園を縦断するのもいいでしょう。

アイルランド北部では、ロンドンデリーのような城塞都市、巨人の道(Giant's Causeway)や、コーズウェイ沿岸のキャリック・ア・リード吊り橋などの、人気スポットを訪れてみましょう。機会があれば、世界で最も古いアイリッシュ・ウィスキーの蒸留所「オールド・ブシュミルズ蒸留所」も訪ねてみましょう。

イギリスへは、エールフランス航空のフライト をご利用ください。歴史と魅力の地で、ユニークな体験をしましょう。

イギリス滞在の準備