エールフランスのチュニス行き格安航空券

チュニス行きの航空券をお探しですか?エールフランスは、フランス国内の空港からチュニジアの首都チュニスまでの格安航空券をご用意しています。エールフランスの運航は以下のとおりです。季節により変更がなることがあります。
  • マルセイユから週7便
  • ニースから週2便
  • トゥールーズから週4便
  • パリから毎日4便

パリからチュニスまでの飛行時間は2時間30分です。便によってはニースかマルセイユでお乗継ぎがある場合がございます。
チュニス・カルタゴ国際空港は、チュニスの中心街の北東7kmに位置し、バスまたはタクシーで市内まで移動できます。チュニスのタクシーは料金も安く、お気軽にご利用になれます。
日本のパスポートでのチュニジア入国には、ビザは不要です。チュニジア入国時に、 パスポートの必要残存有効期間は、3か月+滞在日数です。

航空券を購入されたお客様には、お得な割引料金でのご宿泊もありますので、エールフランスの提携の先リストをご覧ください。
チュニジアの通貨は、チュニジアディナール。1ディナールは約60円です。チュニジアの物価は日本よりも一般的にに安くなっています。

チュニス:フランスの影響が感じられるモダンな街

チュニス行きのフライト をお探しですか?エールフランスをご利用ください。チュニジアの首都チュニスは、チュニジア最大の都市でもあり 、人口は73万8000人、郊外も含めた大都市圏の人口は240万人。チュニジアの北部、チュニス湾に位置しています。気候は地中海性気候。夏は非常に乾燥し時には猛暑となることもあり、冬は湿気があります。チュニス旅行に最適な時期は、雨が減り、まだ気温も高くない3月から4月です。

チュニスは、古代では特にフェニキア人、ギリシャ人、ローマ人の街であり、近代では1956年までフランスの保護領であったという、長く複雑な歴史の中で築かれた街です。今日、チュニスはユネスコの人類世界遺産に登録されています。

チュニスでの観光は、メディナから始めましょう。698年に造られた歴史的中心街には、宮殿やモスクが数多くあります。迷路のようなスークを散策しながら、お土産物や皮革製品、衣類などを値切って買い物をする楽しみが味わえます。

メディナはゆるやかな斜面となってチュニス湖まで下っている丘の上にあり、新市街のすぐ近くです。新市街の大通りにはオスマン様式の建築が立ち並び、フランスの影響が顕著。その最たるものがチュニスのシャンゼリゼ通り、チュニジア独立の父の名を冠したブルギバ通りです。その界隈の通りの両側には、1930年代のアールデコ様式の建物が立ち並んでいます。

チュニスとその周辺の観光:カルタゴ、シディ・ブ・サイドなど。

チュニス市内だけでも多くの見どころがありますが、一歩足を伸ばしたところにもさまざまな見どころがあります。まずチュニスの郊外にあるラ・グレット旧市街。雑多な魅力を持つ地区で、魚料理のレストランがたくさんあります。カルタゴの遺跡も見逃せません。ローマ時代とビザンチン時代の遺跡が見られます。
そのすぐ近くにある魅力いっぱいの村、シディ・ブ・サイドもお見逃しなく。紺碧のドアや鎧戸のある美しい白い家、咲き乱れるブーゲンビリアのピンク色がアクセントとなったチャーミングな風景に魅了されることでしょう。通りからは素晴らしい地中海の眺めが楽しめます。かの有名な「カフェ・ド・デリス」でミントティーをどうぞ。
ハマメットのビーチなど、チュニジアは美しいビーチにも恵まれています。ハマメットはチュニスから60kmの距離にあり、とても美しい旧市街があります。