遺産豊かなブリュッセル

ベルギーの首都ブリュッセルは、見どころの多い街で、 ブリュッセルへの旅の理由はとてもたくさんあります。中心地となっている広大な大広場の周囲には特に、中世の建物が並んでおり、ヨーロッパの大都市の風格たっぷり。市庁舎や各ギルドハウスの趣のある佇まいが見ものです。この広い広場の真ん中に立ってみると、なんと自分が小さく思われることでしょう。市庁舎と大広場は、14世紀と15世紀に遡り、それは市を囲む城壁が造られた時代にあたります。
また、ブリュッセルのシンボルと言えば、小便小僧。男の子の像がある小さな泉です。しかしながらブリュッセルは、大広場と小便小僧だけではありません。クラシック様式とアールヌーボー様式の繊細かつ意外な組み合わせもブリュッセルの見どころの一つで、例えば19世紀の建築である、建築家ヴィクトール・オルタの住居兼アトリエであったオルタ美術館が挙げられます。
ブリュッセルでは、アトミウムも見逃せません。アトミウムは1958年の万博のために建てられた建物で、1650億倍に拡大された鉄の結晶構造をかたどっています。
またブリュッセルは、8番目の芸術とも言われる漫画の都としても知られており、漫画博物館も見どころです。

ショッピングとグルメのブリュッセル

ブリュッセル観光 では、グルメももちろん楽しめます。ブリュッセルと言えば、まずムール貝とフライドポテト、そしてベルギービール。有名になるのもうなずける味です。でもブリュッセルのレストランでは、他のメニューも提供しています。例えば、エンダイブのグラタン、さまざまな魚料理、ブリュッセル風ワッフル、スペキュロスのアイスクリーム・・・。大広場の「観光客向け」のようなレストランは避け、少し離れたところを選びましょう。
有名なベルギーチョコレートもぜひ味わってみたいものです。街頭にチョコレートを売るスタンドがたくさん出ています。
ブリュッセルにはショッピングスポットもあります。ブリュッセルの下町「ヴィル・バス」にある歩行者専用のヌーヴ通りでは、デパートやプレタポルテのブティックでのショッピングをお楽しみになれます。ルイーズ通り、トワゾン通り、ワーテルロー通りにも、高級ブティックが立ち並んでいます。

ブリュッセルの市内交通

ブリュッセルへのご旅行をお考えですか? エールフランス ではパリかアムステルダム乗継ぎによる東京-ブリュッセル便を毎日運航いたしております。14-15時間の空の旅となり、時差は季節により7時間か8時間です。
ブリュッセルの空港到着後は、電車を利用して中心街まで移動できます。距離にして14 km、20分程度で着きます。電車は便によって、ブリュッセル市内のミディ駅、中央駅、北駅のいずれかに到着します。また、パリから高速列車タリスで陸路ブリュッセルに向かうことも可能です。
ブリュッセルでは、徒歩、地下鉄、自転車での観光をどうぞ。
欧州連合の他の多くの国同様、通貨はユーロです。ベルギー入国には、日本出国後、最低3ヶ月有効の パスポート が必要です。90日以下の滞在には、査証は不要です。

ブリュッセル詳細情報