ワインの町ボルドー、別名「アキテーヌの真珠」

紀元前5世紀にさかのぼるボルドー の街は、現在では、人口24万人で、フランス9番目の都市となっています。市内に大型船も航行可能なガロンヌ川が流れており、船による交通の便に恵まれています。

2007年にユネスコの人類世界遺産に登録されたボルドー港、別名「月の港」は、卓越した都市設備の例とされています。またボルドーには、歴史的建造物に指定された350の建物があり、大劇場、聖アンドレ大聖堂、カイオー門など、見ごたえのある建物がそろっています。ボルドーには、サン・ピエール、サン・ミッシェル、サント・クロワ、サント・ユラリーという地区があり、それぞれの地区に歴史が刻まれています。

長い間「眠れる美女」と呼ばれていたボルドーの街は、今日では、建築、文化、グルメで人気の高い観光地となっています。

ボルドーは、18世紀以来、フランス国内にとどまらず国際的にもワイン畑で知られるようになりました。事実、ワイン造りはボルドー地方に古くから伝わる伝統で、現在のシャトーは、世界でもここだけにしかないノウハウを受け継いでいます。考古学調査によると、この地域に最初にブドウを植えたのはガリア人で、紀元前3世紀のことだったそうです。ボルドー滞在の機会に、メドックのワイン街道を巡り、シャトー・マルゴー、シャトー・コス・デストゥルネル、シャトー・ムートン、シャトー・ロートシルトなどの大シャトーのワインを試飲なさるのはいかがでしょう。

ボルドー行き航空券のご予約はエールフランスで

ボルドーならではの風物を味わいに出かけませんか。 エールフランス では、日本から ボルドーまでのフライト をご用意しております。東京、大阪、名古屋からご出発でき、乗継ぎ地パリからの直行便は、一日20便以上。パリでのお乗継ぎについては、 お乗継ぎ のご案内ページをご覧ください。航空券のご予約と同時に、弊社提携先による特別優待価格でのホテルやレンタカーのご予約も可能です。

ボルドーは、アート、建築、建造物、ワインカーブ、ワイン畑など、見るべきものが盛りだくさん。観光局主催の徒歩、バス、自転車でのガイド付きツアーに申し込まれるのはいかがでしょうか。現地ガイドによる案内で、地方の歴史に触れながらのまたとない旅となるでしょう。ルイ18世の名を冠した船着場から、18世紀のファサードを眺めながらのクルージングも企画されています。
ボルドーでのご滞在が一週間でも2-3日でも、フランスならではの魅力を満喫でき、旅の良い思い出となることでしょう。豊かな自然にめぐまれた歴史と文化遺産の街、ボルドーにぜひお出かけください。

ボルドー詳細情報