古代文明発祥の地アテネ

ヨーロッパの端に位置するアテネ は、地中海東部の歴史都市の一つ。いつの時代にも変わらない美しさと近代性を合わせ持つ街です。神話に由来するアテネという名は、この街を守護する女神アテナにちなんで紀元前800年頃に付けられたものです。アテネは紀元前5世紀頃に黄金期を迎えました。アクロポリスの丘にはパルテノン神殿など、その頃の素晴らしい建物が今もいくつか残っています。その後のアテネは、激動の歴史の中、ビザンチン帝国からオスマン帝国まで、さまざまな影響を受けながら歩んでいきました。その間アテネは何度も破壊され、特に1820年代の独立戦争、1946年に始まった内戦で大きな打撃を受けました。
今日では、ギリシャの首都としてヨーロッパの文化的大都市の一つに数えられています。市内人口は74万5000人と少ないですが、都市圏が広がっており、都市圏人口は300万人以上です。エールフランスでは東京からパリ・シャルル・ド・ゴール空港経由、アテネ行きのフライト を運航しています。

遺跡の街、アテネ

アテネと言えば、特にアクロポリスの丘とその壮麗な古代建築、文化遺産が有名ですが、市内には、ソクラテス、テミストクレス、ペリクレスなどの偉人の名を冠した通りが何本もあり、現代に近いところでは、彫刻家のコスティことコンスタンティン・パパクリストプロスの名を冠した通りもあります。アテネ訪問の目的が何であれ、彼らの足跡を訪ねて市内の伝説の場所を回ってみてはいかがでしょう。

都市国家アテネの中心にある聖地アクロポリスには、かつて女神アテナに捧げた大きな神殿がありました。この場所は高い丘の上にあり、壮大な印象を受けます。

アテネの最も有名な建造物や遺跡としては、次のようなものがあります。
パルテノン神殿
アテナ神殿
エレクテイオン
ヘファイストス神殿
プロピュライア
ヘロデアッティクスの古代劇場

アクロポリスは人類世界遺産に登録されており、アクロポリス博物館は、古代史や考古学ファンの方、必見です。アクロポリスの近くにあるディオニソス劇場も見逃せません。ワインと演劇と悲劇の神ディオニソスを讃えるために建立された劇場で、かつては1万7000人を収容できました。アクロポリスのふもとにあるアゴラでは、都市国家アテネの機能がうかがえます。公生活と政治の中心であるこの広場は、市場が立つ広場であり、政治決定の場でもありました。

他に、アテネには数多くの博物館があり、古代好きの方の好奇心を満たしてくれます。

ギリシャで味わう幸福に満ちた時間

アテネには、歴史以外の楽しみもあります。夜出かけるとしたら、お洒落な雰囲気で人気のガジ地区。アテネの代表的な地区の一つとして知られています。アテネ滞在中に、メゼと呼ばれる軽食を出すタベルナにぜひ立ち寄りましょう。ギリシャ料理にはオリーブがよく使われ、トマトやナス、ピーマン、ズッキーニなどの野菜も豊富。美味しくて健康にも良い、フェタなどの羊のチーズも欠かせません。

アテネ旅行に適した時期は?

アテネ行きの フライトを予約する 前に、旅行の時期について調べてみましょう。ギリシャは地中海性気候で、冬に暖かくて湿気が多く、夏は暑くて乾燥します。
暑いのが苦手な方は、夏場のご旅行はお避けください。春と秋は通常、過ごしやすい気温で、一日中外にいることができます。
ギリシャはEU加盟国でユーロ圏です。日本の パスポート をお持ちの方は、残存有効期間がギリシャ入国時に少なくとも3ヶ月とギリシャ滞在日数分あることが必要です。ギリシャを含むシェンゲン協定国の滞在総日数が90日以内の場合は査証は不要です。

アテネ詳細情報