アイルランドと友好的な首都ダブリン

首都ダブリンは、アイルランドで最も大きな都市ですが、大部分を徒歩で歩き回れる、ほどよい大きさの町です。観光には快適!ダブリンは、特に個性的な町です。ヨーロッパで最も若者が多い町の一つで、町の雰囲気も自然と友好的で賑やかです。最も活気のある地区は、テンプルバーでしょう。ファッショナブルなパブやレストランが狭い路地にひしめき合い、一層魅力を引き立てています。オコンネル・ストリートは、雰囲気が全く異なり、近代建築や銅像に取り囲まれた広々とした通りです。ダブリンは、アイルランドの中でも特に多くの外国人を惹きつけ、国際色豊かで開放的な都市です。通常は観光客を温かく迎えてくれます。必見の名所旧跡の一つは、アイルランド最大の聖パトリック大聖堂です。大聖堂の中には、「ガリバー旅行記」の著作で知られるジョナサン・スイフトの墓所があります。アイリッシュ・ビールをお好みの方は、是非ギネス・ストアハウスに立ち寄ってみて下さい。20世紀初頭にビール醸造所だった巨大な建物の一部を改装した博物館です。醸造工程などあらゆる秘密を知るには、7階まで見学する必要がありますが、勿論美味しいギネスビールも試飲できます! ダブリンへは、エールフランス航空のフライトを予約。心温まる滞在を満喫しましょう!

アイルランドと手つかずの雄大な自然

アイルランドでは、雄大な景観を臨めます。広大な緑は、トレッカーやハイカーを楽しませてくれるでしょう。まずは、西部にある伝説の地コネマラを挙げられます。広い荒野や見渡す限りの広大な羊の放牧地は、まるで絵葉書のような景観です。一日中ハイキングを楽しみながら、ゲール文化や慣習にも触れることができます。同じ西部の暗澹としたモハーの断崖クリフ・オブ・モハー」も必見です。周囲は手つかずのままの自然。朝と夕の光は特に幻想的です。断崖の景観を好まれる方は、アイルランドで最も大きなアキル島で、ヨーロッパ最大級の断崖を見に行くとよいでしょう。アイルランド南部には、アイルランドで最も人気のある半島にリング・オブ・ケリー(ケリー周遊路)があり、美しい湾の景観が臨めます。最も近い都市はコークです。エールフランス航空には、この南端の町を コークへのフライト もあり、アイルランドの玄関口の一つともいえます。

アイルランド旅行の準備