ペット・動物の輸送

フランス農業・農産加工業・林業によって定義されたカテゴリー1の犬輸送が禁止されています。これらのいわゆる 「攻撃犬」の品種は特定していませんが、形態的に次の品種に類似しているものとします:スタッフォードシャー•テリア(ピットブル)、アメリカン•スタッフォードシャーテリア(ピットブル)、マスティフと土佐犬。

カテゴリー2:の犬はエールフランス航空が提供する貨物機による輸送が許可されています。対象となる品種は、血統書付きスタッフォードシャー•テリア、血統書付きアメリカン•スタッフォードシャー•テリア、血統書付き土佐犬とロットワイラー品種(血統書の有無にかかわらず)に形態的に類似している犬。

カテゴリー2の犬の運送については、貨物サービスにお問い合わせください。最寄のセンターのカスタマーサービスの連絡先は、 AIR FRANCE KLM Cargo ウェブサイト(英語) のマップをクリックしてご覧ください。カテゴリー2の犬は空席状況に応じて、リクエストがあれば飼い主と同じ便で飛行することができます。
ご注意:認可されたケージの購入は必須です。

トップに戻る