エールフランス航空によるガストロノミー

フランス流テーブルアートの伝統

エレガンスは五感の喜びを増大させてくれるから、エールフランス航空では、当社のキャビンにてフランス流テーブルアートの伝統により引き立てられた美食体験をお届けすることにこだわりを持っています。

リ・デザイン体験

本格的なフランス流サービス
2016年エトワール・デュ・デザイン(Étoile du design 2016)* を授与されたエールフランス航空の新しいテーブルアートは、機上で皆様にきめの細かいサービスをお届けするために考案されました。

ワイングラス、シャンパングラス、ティーセット、キャンディージャー、温かい料理をサービスするためのクロッシュなど…。ラ・プルミエールのキャビンでは、陶磁器、グラス類、テーブルウェアなど、すべてがフランス流テーブルアートの繊細さを表現しています。

エコな食器類
弊社では、当社の製品及びサービスが環境に与える影響をよりよくコントロールするためにエコデザインに取り組んでいます。

プレミアム・エコノミーおよびエコノミークラスで使用している食器類およびプレートに対して展開するこのアプローチにより、素材の重量ならびにそれに関連する二酸化炭素の排出量が3分の1減少しました。

* エールフランス航空のラ・プルミエール(ファーストクラス)およびビジネスクラスのテーブルアートに授与された賞

著名デザイナー、

ジャン=マリー・マソー
世界的デザイナー、ジャン=マリー・マソー氏がラ・プルミエールおよびビジネスのキャビンのテーブルアートデザインを考案しました。

ラ・プルミエールおよびビジネスのキャビンでお使いいただく陶磁器の食器類はリモージュのベルナルド陶磁器工房およびギ・ドグレーヌが手がけています。

なめらかな曲線を描くテーブルウェアは、フランス、ノルマンディーの老舗クリストフルのシルバーウェアとなっております。

ユージェニ・キトレ
ユージェニ・キトレ氏は、プレミアム・エコノミーおよびエコノミークラスのために、美的と機能性を兼ね備えた無駄のないシンプルなデザインのカラトリーを手がけました。

フィリップ・スタルク氏の教え子であるカタロニア地方出身のデザイナー、ユージェニー・キトレ氏は、エールフランス航空のブランドイメージのデザインや数々のカラフルなタッチが施されたカラトリーなど、コンテンポラリーなラインナップを考案しました。

また、小さなお子様向けの楽しい飛行機型テーブルウェアが付いた現代的なカラトリーもユージェニー・キトレ氏によるものです!

トップに戻る