エアバスA380での 特別な旅

アビジャン、香港、ヨハネスブルグ、ロサンゼルス、メキシコ、マイアミ、ニューヨーク、パリ、
上海、およびワシントンに世界最大の民間機が就航します!

A380の開発

1996年、エールフランス航空は、世界最大の民間航空機を手がけるという、航空史上でまたとない冒険に乗り出しました。 エアバスならびにA380の就航に貢献する航空会社間のワーキングループに積極に参加し、エールフランスは顧客の期待に応える航空機の開発に貢献しました。

A380の到着に対する準備

A380の到着に対する準備、A380を迎えるにあたり、エールフランスは空港会社と協力し、地上でのインフラや設備を最善に整えました。例えば、滑走路の横幅を45メートル伸長したり、また516人が2階建ての機材に快適に搭乗できる施設などです。

それに加え、エールフランスの客室乗務員および地上職員は、この特別な飛行機に対応できるよう、専用のトレーニングを受けました。

初フライト

数年にわたる準備ののち、2009年11月23日に特別な日を迎えました。エールフランス航空が、初の商業用エアバスA380で、パリ シャルル・ド・ゴール空港とニューヨーク間を運航しました!エールフランスは、2階建てで4つのエンジンを備え、時速900kmで13,000kmを飛行可能な 巨大ジャンボ機を運航する、初のヨーロッパの航空会社となりました。

トップに戻る