同伴者とのご旅行

エールフランス航空において、ハンディキャップをお持ちのお客様が安全にご旅行していただくため、お付き添いの方とご一緒でのご旅行をお願いする場合がございます。非常時の対応、特に飛行機から脱出しなければならない場合にお手伝いしていただくこととなります。以下の場合でのご旅行では、同伴者とご一緒にご旅行をお願いいたします。
  • 安全用の指示を理解するのに支障のある深刻な精神障害をお持ちの場合。
  • 盲目と同時に難聴で、乗務員との意思疎通に問題のある場合。
  • モーターベースの移動器機をご利用で避難時に困難な場合。 よって対麻痺、麻痺、両腕のないお客様は同伴者無しでご旅行していただけます。ほとんどの四肢麻痺の場合、同伴者とご一緒にご旅行をお願いいたします。

ハンディキャップをお持ちのお子様が同伴者無しでのご旅行になるには、以下の条件が必要です。 同伴者無しのお子様 :
  • 飛行機から避難をすることが可能であること。
  • 安全指示を理解できること。
同伴者は以下の条件を満たしている必要があります。
  • 18歳以上で自律していること*。
  • ハンディキャップをお持ちのお客様のお手伝いをするのと同時に4歳以下のお子様(フランス国内または国外領土でのフライト)、5歳以下のお子様(それ以外の地域)、または別のハンディキャップをお持ちのお客様**のお世話をしないこと。

* 特別な場合を除く。詳しくは、サフィールへお問い合わせください。
** 例外がございます。詳しくはご予約の際にお尋ねください。

トップに戻る