保安検査

どの空港でも、搭乗ゲートから機内へと進む前には必ず、保安検査の通過が義務付けられています。保安検査では、機内でのお客様のセキュリティ上のリスクとなりうる物品がないことを検証します。保安検査通過時には職員に搭乗券の提示が求められ、次に検査ゲートを通るよう指示を受けます。

機内持込が禁止されている物品

下記の品目は、機内への持込が禁止されています:
  • 刃物および、凶器として使用可能な金属製・非金属製の鋭利な物または鈍器(ハサミ、かみそりの刃など)
  • 猟銃、スポーツ銃用弾薬およびカートリッジ
  • 一瓶100mlを超える香水および液体類
  • 一瓶100mlを超える化粧用スプレー

いかなる禁止品目も処分のため保安検査員に提出しなければなりません。

お荷物検査の際のご準備

以下のアイテムは機内持込手荷物から取り出して機械に通してください :
  • 密封できる透明のビニール袋に入れた液体類(各100ml未満のもの)
  • ノートパソコン(ケースから出した状態)
  • コート、ジャケット類
  • 携行されている金属製の物品(カギ、小銭、ベルトなど)
  • 保安検査員から指示されたその他のあらゆる品目(靴など)。
特殊な医療器具(ペースメーカー、義肢、医療処置など)を装着されている方は、保安検査員から証明書(お客様の氏名が記された医師の診断書、処方箋など)の提示を求められることがあります。
トップに戻る